ラブドール購入前後の知識やお手入れ方法などを紹介するブログ

ラブドール生活

豆知識

激冷!真冬のラブドールの体温は3℃(笑)冷たいお肌問題を解消する方法とは?

更新日:

実際にラブドールをお持ちの方であれば、共感いただける事があります。

それは真冬のラブドールの冷たさです。

もちろん冷たさといっても性格的な冷たさではなく、温度面での冷たさです。

本日は、冬場のラブドールの冷たさと、冷え問題の解消法についてご紹介いたします。

ラブドールの体温=室温

ラブドール

ぶっ飛んだ考え方をしていなければ、この点はすぐにご理解いただけるでしょう^^
あきお
アシュリー
念のため説明してあげましょう、
・・・念のためね(汗)

まず初めに、なぜラブドールの体温が冷たいかを念のためご紹介します。

この点については、恐らく9割以上の方が理解されている部分ではありますが、ラブドールは生き物ではありませんので、自分で熱を発する事が出来ません^^

つまり、ラブドールの温度=室温となる事はご理解頂けるでしょう。

少し配置を変えようと腕を掴んだ瞬間、「ヒエッ!」ってなる位冷たい時もある程です(汗)
あきお

 

冬のラブドールの温度を上げる方法

このラブドールの低体温症状は、鑑賞専用で利用されている方には問題ない現象ですが、イチャイチャしたい方にとってはかなりの苦行になる事でしょう^^;

ラブドールに触れている部分からガンガン体温を奪われてしまうので、下手したらそのまま風邪ひきコースまっしぐらです。

そこで、この問題を解決できる方法、すなわち真冬のラブドールの体温を上げる方法がないか調べてみました!

1:室温を上げる

暖房で体温調整

まず一つ目の方法は、前述している内容ではございますが、「ラブドールの温度=室温」と言う理論をそのまま利用する方法で、単純に暖房で部屋の温度を上げる方法でございます^^

もちろん、この方法でラブドールを人肌までにするには室温を36℃と言う真夏並みの温度にする必要があるので、現実的に不可能です。

(根性出せば可能ですがw)

よって、ここではあくまで20℃前後という、まだマシというレベルにまで体温を上げるという方法になります。

でも体温一桁のラブドールよりも断然問題は緩和されますので、やらないよりは本当にマシですね^^

 

2:シャワーを浴びせる

温水でラブドールを温める

次の方法は、温水シャワーでラブドールの体温を温めるという方法でございます。

ラブドールのお肌についたホコリや髪の毛などを洗い流せる一石二鳥な方法ですので、個人的にも一番お勧めな方法です^^

ただ、シャワーを浴びるという事は、その後の水分のふき取りやベビーパウダーでの保護など手間が増えてしまうので、毎日ラブドールと触れ合いたいという方には、少し手間と時間がかかり過ぎてしまう方法というデメリットもございます。

 

3:情事だけをササっとしたい方向け

じっくり時間をかけて楽しむ訳ではなく、ササッと限られた時間内で情事だけを行いたい方にはこのアイテムをご紹介しましょう。

 

こちらを希望される使用したい穴に挿しておいて、数分放置するだけであら不思議。

人肌に温められた穴の完成です!

ただし、温めれるのはやはり穴の周辺だけですので、腕や背中、胸部に関しては冷え切った状態のままですので、本当にインスタントエッチを楽しみたいと言う方のみにオススメです^^

 

4:電気毛布で温める

最後にご紹介する方法は、多少力技感がありますが、シャワーで温める方法の次に効果が得られるであろう方法となります。

その方法とは、電気毛布でくるんで放置すると言う方法でござます^^

つまりイメージ的にはこの様になりますw

巻き

アシュリー
絵的にはアレだけど、
多分かなり暖かいと思うw

 

冷めきったラブドールを温める方法

真冬のラブドールの冷たさ問題は、経験した事のある者であればその辛さは身をもって体験している事でしょう。

ちなみに、私が実践している方法は1番と2番の方法でございます。

あきお
(4番の方法の導入を検討している事は内緒。)

 

この低温問題は上記でご紹介した様に、結構簡単な方法で解決ができます。

よって、冷え切ったドールに何の対処もせず自分の体温を分け与える様なことは避ける様にしましょう。

響き自体は非常に美しく聞こえますが、オーナーさんが風邪を引いてしまうと、次の日の仕事やプライベートな用事に支障をきたしてしまいます。

そうなると、生活をより豊かにするという目的であるドールのはずが、逆に生活に悪影響を与えることになってしまいます。

アシュリー
それは悲し過ぎるから、
出来るだけ温めてから愛してね。
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あきお

あきお

ネットニュースで興味を持ち、色々と検索・調査を重ね、その1週間後にラブドール購入を決意! そんな猪突猛進な男のブログです。

-豆知識
-,

Copyright© ラブドール生活 , 2019 All Rights Reserved.