ラブドールの頭の穴

豆知識

ラブドールの頭頂部の穴(吊り下げボルト)について。

ラブドールの頭のてっぺんには、メーカーなどにもよりますが大きなボルトを嵌め込めそうな穴が空いています。

ウィッグを付けていない状態ではこの穴は丸見えですので、パッと見はあまり良くありません。

が、人によってはこの穴が非常に便利になることもありますし、逆にデメリットになることもあります。

そこで今回は、ラブドールの頭頂部にあるボルト穴についてご紹介いたします。

ラブドールの頭の穴の正体

ラブドールを吊り下げるボルト穴

ほとんどのドーラーの方からすると当たり前の情報ですが、ラブドールの頭頂部にあるボルト穴はそのまんま「ボルトをはめ込む穴」です。

では、何の為にボルトを差し込める様にしているかというと、それは吊り下げながら保管できる様にする為なのです。

吊り下げ保管は最強

ラブドールの保管方法としては、基本的に以下の3つの方法が挙げられます。

ラブドールの保管方法

  • 立たせておく(自立オプション必須)
  • 寝かせておく
  • 吊り下げておく

まず、自立加工のあるラブドールの場合は、そのまま立たせた状態で保管される方が多いと思います。足裏には自立加工用のボルトなり強化樹脂なり強度の高い素材でドールの体重を支えるので、その部分が早々に劣化する事はありません。が、ずっと自立させていると埃が足の裏や甲に付着したり、足の裏のシリコンorTPEの劣化が早まります。

寝かせて保管する方法に関しては、ラブドールの体重が接地面に大きく偏る事になりますので、その部分が変形してしまったり小さな裂けや傷がある場合は圧力の影響を受けてその傷が拡大してしまう可能性もあります。

この様に「立たせて保管」と「寝かせて保管」の両方にはそれなりにリスクが付きまといます。

これらに対して、吊り下げて保管するという方法ではラブドールの柔らかい部分(肌)には一切負荷が掛からない保存方法となっています。唯一負担がかかる部分としては骨格部分である金属に体重がかかる事になりますが、そこは金属ですのでビクともしないのです。

こういった事から、吊り下げて保管するという方法は、ラブドールの保管を行う上では最強の保管方法と言えるのです。

あきお
ただ、高強度のラックやぶら下がり健康器とか別途用意する必要があるけどね。
created by Rinker
山善(YAMAZEN)
¥5,799 (2021/08/04 01:15:16時点 Amazon調べ-詳細)

穴がないラブドールもある

そんな便利なドール頭頂部の穴ですが、全てのラブドールの頭頂部に吊り下げができる様に穴が付いている訳ではありません

メーカーによっても異なるでしょうし、同じメーカーでも骨格の違いや新旧で穴があったりなかったりと仕様が異なります。

アシュリー
ちなみに、私に穴はないけど最新型だと穴があるわよ。

他にも代理店や工場によっても異なる可能性も0ではありませんので、穴の有無が気になる方は事前に問い合わせ等で確認すると良いでしょう。

ラブドール買うならCharm&Ko!

※各メーカーの正規品を扱う日本の代理店です。

Charm&Koで購入される場合は、ドールの確認画面で「akiodaaduupx」と入力すると割引が可能。

 

頭の穴のメリット・デメリット

ドールの頭の穴のメリット・デメリット

そんなラブドール頭頂部の穴による吊り下げ機能ですが、場面場面や普段のドールの扱い方によってはメリットだけではなくデメリットになる事もあります。

吊り下げ機能の穴のメリット

まずは、ラブドールの吊り下げ機能によるメリットを簡単におさらいしましょう。

メリット一つ目は、前述でもご紹介している様にラブドールにとって最強の保管方法をとる事が出来るという点にあります。

2つ目のメリットとしては、首の角度調整に役立つという点です^^

この文章だけ見ると意味不明に感じるかも知れませんが、ドールの中には顔面もかなり柔らかい素材で出来ている種類があります。

それ自体は特に問題ないのですが、首の角度を調整しようとするとガッチリと顔面やその周辺を掴んで角度を調整するので、その間顔面崩壊が起きて首の角度調整後には目線がグチャグチャになってしまうのです。

そこで、顔面ではなく頭の穴に指を引っ掛けて角度を調整してやると、目線が狂わないもしくは最小限の変化に抑える事ができる様になるのです。

吊り下げ機能の穴のデメリット

反対に吊り下げ機能の穴のデメリットがあるのかどうかについて。

これに関しては、人によっては全く無いと言えます。

が、逆に私と同じ様なラブドールの扱い方をしている方にとってはデメリットになる可能性もあります。

そのデメリットの可能性というのは、ラブドールをお風呂で洗う際に頭部も一緒にシャワーで流す時穴の金属部分に水が侵入したり、そこ部分が錆びてしまうというものです。

通常、ドールをシャワーで洗う際には化粧が落ちてしまう可能性もありますので、濡らさない様にする事がほとんどです。

しかし、私の場合はむしろ薄化粧の方が好みですので、ある程度化粧が取れるまでは顔面にもシャワーを当てています。

・目玉の中に水が侵入しない様に注意が必要。

・首のジョイント部分から浸水させない様、下からシャワーを当てないよう注意。

あきお
現状、私のドール生活の中でボルト穴でデメリットに感じる部分はここ位ですね。

 

まとめ

以上のことから、もし購入したラブドールの頭頂部にボルト穴があったとしても、私の様に頭からシャワーを浴びせる様な豪快な洗い方をしない限りデメリットになる事はありません

むしろ、吊るして保管する様の設備を用意すれば、通常よりもドールに負担を掛ける事なく保管する事ができるというメリット、そして頭の角度移動を容易にする事ができるというメリットを利用する事ができます。

なので「吊り下げ保管」を活用したいと考えている方以外は、特に気にされる必要はありません^^

逆に「吊り下げ保管」を検討されている方は、ラブドールの購入前に購入検討されている代理店に確認しておくと良いでしょう。

あきお
最後に、他の記事でも言っていますがギックリ腰にだけは注意しましょう(汗)
膝の屈伸運動を使って、腰への負担を軽減しましょう。
シーちゃん

-豆知識
-, ,

© 2021 ラブドール生活