オナホのポンコツガーディアン ZeroWhite(ゼロホワイト) LV0/ユニコーン スロオナふわとろスパイラル

オナホ

【レビュー】ポンコツガーディアン ZeroWhite/ユニコーンとかいうオナホを買ってみた。

前回の記事で紹介した「サキュエルおっぱいDX」のキテルキテルさんですが、このメーカーに少し興味が出てきましたので連続で商品を購入することにしました。

で、今回購入したのは「ポンコツガーディアン ZeroWhite(ゼロホワイト) LV0/ユニコーン スロオナふわとろスパイラル」という超柔らかいオナホです!

という事で、早速この商品の概要や実際に使ってみた感想などをシェアしたいと思います。

ポンコツガーディアン ZeroWhiteの概要

それでは、初めにオナホ「ポンコツガーディアン ZeroWhite」の簡単な概要などをご紹介していこうと思います。

非貫通式のオナホ

このオナホは非貫通のオナホとなります。

なので、息子を突っ込んでストロークさせている時にローションがてっぺんから漏れる事も、発射時に飛び出してくる事もありません。

あきお
というか、最近は貫通式のオナホを見かける事が少なくなりましたね^^

低刺激系のオナホ

このオナホの特徴として、低刺激という点が挙げられます。

オナホは現在かなりの数が存在しており、その中には高刺激という息子への攻撃力が高く、直ぐに昇天してしまうものもあります。

対して、この「ポンコツガーディアン ZeroWhite」の様に低刺激系のオナホも存在しており、長い時間ストロークや映像コンテンツを楽しむ仕様になっているものも存在しています。

あきお
一時期、高刺激にハマった時期もありましたが、それに慣れると対人の時にイケなくなるので、最近は低刺激を選ぶ様にしています。
とか言ってるけど、対人はご無沙汰なんじゃない?
アシュリー
あきお
かれこれ1年はしてないね(汗)

超柔らかい

そして、前述の低刺激という点にも関連してくる項目ではありますが、このオナホは非常に柔らかい素材で作られています。

こんな感じで、マジで伸縮自在です。

ガチガチなオナホだと、息子をストロークする時に内部構造がゴリゴリ擦れて自然と高刺激になってしまうのですが、これだけ柔らかい素材であれば内部構造が凶悪な構造になっていたとしても息子へのダメージもそこまで大きくなる事もありません。

ローション付き

最後に、このオナホにはキテルキテルから販売されているローションのお試しサイズも付属されています。

なので、もともとローションを持っていないという方でも、追加でローションを購入する必要はありません

もちろん、このローションが気に入ったという場合には、後から追加で購入する事もありですが^^:

created by Rinker
¥1,318 (2021/08/03 18:29:43時点 Amazon調べ-詳細)
あきお
ちなみに、個人的には使用感は結構好みだったので、今持ってるローションがなくなったら購入しようと思っています!

 

実際に使ってみて気づいた点

それでは、ここからは実際に私が「ポンコツガーディアン ZeroWhite」を開封や使用して感じた事、思った事を紹介していこうと思います。

もちろん個人的な感想などが多く含まれていますので、その点はご了承お願いいたします。

超ふわふわで低刺激

1つ目は前述でも少し触れていますが、使用感もかなりふわふわです。

このオナホはもともと柔らかい素材で作られている事から刺激を抑えられているのですが、それに加えて内部構造も非常に優しい造りになっています。

もちろん仕掛け?自体はついているのですが、凹凸の高低差が出にくい様に細かいものが高密度で配置されていますので、まったり楽しむ事ができる仕様になっているのです。

昇天時に出し切れる

高刺激のオナホを使用した事がある方であれば共感していただけるかと思いますが、高刺激オナホは昇天時に痛みを感じてしまい最後までストロークして出し切る事が困難になる事があります。

一応、これでも発射している感はあるのですが、発射した瞬間に摩擦が痛みに変わってしまい、その時点でストロークを止めざるを得ない状況になります(少なくとも私の場合は)。

あきお
イメージ的には「びゅっ、ウッ!」って感じですかね?

これに対し、この「ポンコツガーディアン ZeroWhite」の場合は低刺激となっていますので、昇天してしまった際にも最後までストロークをし続ける事ができます

そうなると、発射後も数ストロークする事が可能となり、それに伴い発射継続時間の延長が可能となっているのです。

あきお
こっちは「びゅっ、びゅっ、びゅ〜っ・・・、ふぅ〜」って感じですね!
この表現で伝わるの?(汗)
アシュリー

オイルはやや多め

このオナホは柔らかくなる様に作られているという話でしたが、それゆえにオイルブリード(油分の滲み)は比較的多めです。

この画像は開封時に梱包されているビニールを取り出した時の様子なのですが、見て貰えばわかる通りかなりオイリーな状態になっています。

もちろん、開封後に中性洗剤などで洗ってやればここまでオイリーな状態にはなりませんが、それでもギュッと握っていると手にオイルブリードがついてしまうレベルではあります。

あきお
これに関しては柔らかい素材の宿命ですね^^;
パウダーまぶす必要がありそうね。
アシュリー
created by Rinker
和光堂
¥460 (2021/08/03 13:52:50時点 Amazon調べ-詳細)

ローションの量に注意

このオナホは低刺激でふわふわで超柔らかい造りになっていて、低刺激が好きな方にはかなりオススメできるのですが、それ故にローションの量には注意が必要になります。

というのも、使用するローションの量が少なすぎると、ストローク時に内部構造が息子にペタペタくっついてきて逆に高刺激になってしまう事があるのです。

それだけではなく、その状態でストロークを続けるとオナホ内部が擦れて徐々に削られていくのです。

あきお
流石に写真は撮っていませんが、オナホから息子を抜いた時に息子の側面にオナホの削り粉がついていました(汗)

なので使用時には、ローションはケチらずにしっかりと流し込む様にしましょう。

あきお
もちろん、ドバドバ使う必要はありませんので、その点はご安心ください^^

ローション漏れについて

こういうオナホ系の中で、個人的に地味に気になっている点があります。

それはストロークを続けている間に、隙間からローションが漏れ出てこないかという点です。

結論から言いますと、この「ポンコツガーディアン ユニコーン」に関してはローション漏れの心配は無用となっています。

前述のローション不足を懸念して、結構多めの量を流し込んで使用した事もあるのですが、それでも行為の最中に隙間からローションが漏れ出すことはありませんでした。

もちろん、ホール内部から溢れ出る位なみなみに注いでしまえば、挿入しただけでローションは漏れ出てしまいますが、常識の範囲内の量であれば漏れ出ることはなく、床などを汚してしまう事も皆無です。

 

まとめ

以上が実際に「ポンコツガーディアン ZeroWhite/ユニコーン」というオナホを購入して、実際に使ってみたレビューとなります。

開封時に箱の中に緩衝材が入っている時点で、ここのメーカーはかなり優良メーカーだと感じていてのですが、実際商品も文句なしな出来栄えでした。

もちろん、このオナホは超低刺激に分類されますので、高刺激じゃないと逝けないという方には物足りないと感じてしまうでしょうが、低刺激で長い時間楽しみたいという方にはかなりオススメできる商品だと言えます。

私個人としては、2連続で当たり商品を購入する事ができたので、今後もキテルキテルさんの商品はチェックしていきたいと思います。

-オナホ
-, ,

© 2021 ラブドール生活