ジェシカ

【PiperDoll】Jessica(150cm)の特徴やメリット・デメリットなど。脅威のダイナマイトボディ

ラブドールのメーカーであるPiperDollにはJessica(ジェシカ)というドールが存在します。

代理店などで写真などで存在を知っている方も多いかと思いますが、それ以外の情報が少ないドールとなっています。

そこで今回は、このジェシカの特徴やメリット・デメリットについてご紹介していきたいと思います。

Jessica(ジェシカ)の特徴

まずは、簡単にPiperDollから販売されているジェシカの基本的な情報についてご紹介いたします。

基本情報

身長 150cm
体重 31kg
肩幅 30.5cm
カップ数 Kカップ
ウエスト 45cm
ヒップ 84cm
オーラル(口)の深さ 14cm
膣の深さ 18cm
お尻の深さ 16cm
素材 医療用TPE

素材はTPEとシリコンの2タイプ展開

PiperDollは当初はTPE素材のドールのみで展開していましたが、途中からシリコン素材のドールも製造・販売を開始されました。

それに伴い、TPEとシリコンの両方で同じドールがラインナップに入る事もあるようになり、ジェシカも例に漏れずTPEとシリコンの2タイプ展開となっています。

注意点としては、TPE製のジェシカの方は31kgなのに対し、シリコン製のジェシカの方が35kgと体重が異なっています。

あきお
もちろんシリコン製の方が値段的には高くなっています。

シームレスボディ

ジェシカの特徴というよりもPiperDollメーカーのドール全ての特徴といえるものですが、ボディはシームレスボディとなっています。

一般的なラブドールは首と胴体が別れるセパレートタイプとなっています。

しかし、PiperDollのドールは全てシームレスとなっていますので、首と胴体は一体型となっていますので、下から覗いたとしても首の継ぎ目はありませんので、現実に戻される事もなく接することが出来ます。

あきお
個人的にPiperDoll推しの理由が、このシームレスである事です^^

最強のメリハリボディ

ジェシカは写真や3サイズを見てもらえれば分かると思いますが、Kカップの爆乳とウエスト45cmという華奢な骨格が融合したとんでもないドールです。

おそらく、現実の世界でここまでのメリハリボディの持ち主はいないはずですので、このラブドールでしかお目にかかる事は出来ないでしょうし、実際に触れて体験することも出来ないでしょう。

あきお
ちなみに、個人的にも余裕があれば次に買いたいドールのベスト3に入っていますw

超柔らかい

TPE製のジェシカは他のPiperDollと同様にプレミアムTPEというTPEの素材の中でも、かなり柔らかい質感を持った素材が使われています。

なので、非常に柔らかい感触で腕や腰回りはもちろんのこと、バストも本物に近い感触となっているのです。

そして、シリコン製のジェシカに関しても、硬めなシリコンではなくバルンバルンに揺れる弾力と柔らかさが丁度良い塩梅の柔度に調整されていますので、こちらも相当柔らかくなっています。

通常、TPE製よりシリコン製の方が硬くなるのですが、このメーカーのシリコンは下手すると他社のTPEよりも柔らかいレベルですので、個人的に最強のクオリティと思えるレベルです。

 

ジェシカのメリット・デメリット

それでは、ここからはジェシカのメリットやデメリットについてご紹介いたします。

ジェシカのメリット

ジェシカのメリット

  • リアル
  • 素材を選べる
  • 爆乳
  • ボリュームの割に軽い

ジェシカのメリットの一つに、リアルであるという点があります。

これはジェシカに限った話ではなくPiperDoll全体に言えることなのですが、触感もそうですがこのメーカー特有のシームレスボディのため、下から見上げた際に首の付け根が見えず、より本物の女性として認識する事ができるのです。

また、前述でご紹介したように、ジェシカはTPEとシリコンの様に素材を選択することが出来ますので、柔らかさや価格、丈夫さなどを総合して選ぶことが出来るようになっています。

汚れ
ラブドール素材のシリコンとTPE(エラストマー)の違いは?柔らかさなどを比較!

ラブドールの素材には、現在主流となっているシリコンに加え、新しくTPE(エラストマー)という素材が登場しています。 まだ、登場したばかりで情報的に少ない素材になりますので、ここで両者の素材の特徴につい ...

続きを見る

そして、最大のメリットはなんといってもKカップという爆乳の持ち主である点です。

これだけ立派な物がありますので、一般的なドールでは難しいようなプレイも可能となります。

更に、通常であればバストサイズが大きければ大きいほど重量も増加して扱いにくさも高くなるのですが、ジェシカの場合は前述でご紹介のとおりウエストなど削れる部分は徹底的に細く作られている為、このレベルの爆乳ドールの中では抜群に軽いドールになっているのです。

あきお
爆乳だけど比較的に軽いって、ドール経験者目線では結構重要なポイントですからね^^

ジェシカのデメリット

続いては、ジェシカのデメリットについても、しっかりとご紹介しておきたいと思います。

ジェシカのデメリット

  • 梱包が縦長
  • 似合う服がない

ここまで何度か触れてきましたが、ジェシカ含むPiperDollのラブドールはいずれもシームレスボディですので、首と胴体は一体型となっています。

これ自体はメリットになるのですが梱包や発送、保管に関してはどうしても長さの面でデメリットになってしまいます。

というのも、他のメーカーのドールであれば頭部を外して両足に挟ませた状態で梱包しますので、梱包の高さがドールの身長よりも短い長さで済みますが、ジェシカの場合は身長そのままの長さの梱包になる為、段ボールの収納場所が150cm以上の長さが入る場所に限定されてしまうのです。

そしてメリットであるKカップ&細いウエスト自体は強力な武器になるのですが、現実世界では存在しないメリハリボディですので、似合う服がほとんど無いのです。

それこそ、画像でも着せられている様なドレスであったり、ウエストだけ露出されるような格好(下着姿や水着など)と、結構限定されてしまうのです。

あきお
ダボ系の服に関しては、割と似合いますけどね^^;

 

PiperDollのジェシカまとめ

以上がPiperDollのジェシカの特徴やメリットデメリットのご紹介となります。

このラブドールは男の欲望が詰め込まれたような破壊力を持ったラブドールですので、このスタイルに慣れてしまうとリアルで満足できなくなる危険性も持っているドールとも言えますので、その点は注意が必要になります^^;

しかし、それだけにかなり満足度の高いドールになれるので、30kgという重量を取り扱える自信のある方にはオススメできるドールと言えるでしょう!

ラブドール買うならYourDoll

※YourDollの安全性についてはこちら